fbpx

           

えらばれる5つの理由

株式会社リアルアイで成約させていただきましたお客様の声です

株式会社リアルアイでは、不動産取引を行ったお客様からの声を大切にしております。

その一例をご案内させていただきます。

仕事の都合上、名古屋市内に!…(佐藤様)

ご依頼をいただいたきっかけは、ダイビングつながりから…

株式会社リアルアイは、不動産業とダイビングショップを2つの業の柱として営業しております。

今回は、社長伊藤が以前お世話になった別のショップのインストラクターさんからのご紹介です。

 

売却物件は大府のアピエス共和・イーストヒルズ 3LDKのお部屋でした。

当初両親の近くに住みたいと考え、新築時に購入したお部屋

とても綺麗にお使いだったのですが、仕事の帰りが遅く、結果名古屋市内に活動の拠点をとなり、売却を決意!

当初は大手不動産会社に相見積もりをして…とお考えだったようです。

 

市場価格に基づく売出価格設定は、結果良縁を結ぶきっかけとなりました。

私、結構運がいいので…!そうおっしゃる売主様のご意向と、弊社が提案した買い手選びは、ご依頼後スムーズに事を運びました。

GW前に受託、GW明けに現地案内2件を即手配し、実質営業日14日間で成約となりました。

売主の佐藤様とは、その後スキューバダイビングのご案内もさせていただくきっかけとなりました。

佐藤様が弊社を選んだ決め手は…佐藤様の経営する美容室の非常勤スタッフの夫で一級建築士さんの紹介による絶大なる信用はもちろんのこと、その紹介先である代表者の伊藤が元大手出身、ご友人のファイナンシャルプランナーの勧めがあったからだそうです。

 

「不動産取引をスムーズに!」弊社が最初に掲げたキーワード、そしてエリアを問わず成約に結び付けることのできる実績が全てだったと思います。

リアルアイ創業初契約のお客様(奥田様)

お客様の声(奥田様)

伊藤社長とは、社長が前職サラリーマン時代に知り合いました。知り合った頃は結婚してからずっと安城市内の賃貸アパートに住んでいました。
2015年の秋にエアコンの調子が悪くなったことを機に、来年の夏頃までに新しい家に住みたいというご相談を差し上げたとき、タイミングよく「独立開業する」というお話を聞きました。
当初は安城市内を中心に中古マンションを探してほしいとお願いをしたところ、築年数が古かったり、駅から遠かったりして、なかなか希望に合う物件が見つかりませんでした。すると、「両親も高齢だし、それぞれの実家の中心である名古屋市内での購入を検討されては?」とアドバイスを頂戴し、いくつかの物件をご紹介いただきました。その中でも、今回購入を決めたグランドメゾン熱田の杜は、不動産リノベーション専門会社がリフォームを施した物件で、自分たちが購入後リフォームをする手間もなく、条件にはぴったりでした。

 

資金計画については、自己資金をできるだけ多く捻出し、借入を抑えるつもりでいましたが、金利が安い住宅ローンを利用することで、手元に資金を残したほうが、今後の生活においても有利だという社長のアドバイスを受け、おススメされた金融機関で借入手続きを行い、購入しました。ファイナンシャルプランナーならではの提案だったと思います。
物件のご案内をいただいてから契約締結、融資の申込、金銭消費貸借契約などを手際よく手配いただいたこともあり、引渡し、引越までがあっという間でした。

 

引越後も損害保険のご相談や住宅ローン控除の申告の際の書類取得のアドバイスなどもあり、大変感謝しております。

地元の不動産業者にお願いしてもなかなか売れなかった土地(内藤様)

子供のころ遊びに行ったこともある多治見市笠原町の倉庫、母が相続で取得した物件ですが、地元の不動産業者に売却をお願いしていましたが、なかなか売れませんでした。
利用しない田舎の土地は、持っているだけで税金もかかるし、空き家に対する法規制が厳しくなることもあるので早めに売ろうと…

 

伊藤さんと知り合ったのは、伊藤さんが前の会社に勤めていた時、複数筆に分かれていた土地を合筆、地積更正をしないと見栄えが悪いといわれ、測量士さんをご紹介いただき、売却のおねがいをしました。しばらくして一旦は買い手がついたのです。伊藤さんには「お引渡の際には、家庭の事情で退職するので、後任にまかせます」と契約締結までをお世話いただきました。しかし 建物を解体することで見栄えもよくなった頃、相手から手付解約されました。。その後、測量士さんから伊藤さんが不動産会社をつくり独立したという話をお聞きし、独立された伊藤さんに再度売却をお願いすることにしました。
偶然にも、再度買手が決まって、契約と引渡しを同日に行っていただきました。

隣地の測量に合わせて、一緒に土地を売りたい!(加藤様)

多治見市笠原町の土地、隣地の測量立会のお願いに上がったところ、「一緒に測量してもらえないか?」「できれば売りたい!」そんなご相談を頂きました。

土地の形状は、南北に道路接道があるも、延長敷地状態でどうやって売るか?いろいろ考えた結果、複数の筆に分かれていた土地を合筆し、再度分筆。

2筆での売却を提案されました。

資材置き場として貸していた土地ですが、相続が生じたときに揉めないように、という提案もあり売却をすすめることに。

面積が大きかったこともあり、中々お話は進みませんでしたが、1件決まり、建物を建築しだすと周囲の環境も変わり、見栄えも良くなったのか?短期間で成約となりました。

もともと大手の不動産会社にいた伊藤さんだが、動きは早く、そして報告もマメに行っていただき、感謝しています。

 

土地から買って理想のマイホームを建てた!(西尾様)

携帯電話のWEBサイトでいくつかの土地をみていたところ、ふと目に入った多治見市笠原町の土地、早速電話をしてみると、「現地でお待ち合わせをさせていただけるならご説明に伺います」と。その時建築を予定する工務店は決まっているのか?と聞かれ、木造建築の会社でローコスト、かつ良質なものを作る会社を併せて紹介してほしいとお願いしたのがきっかけです。

 

現地のご案内時には、建築業者さんもご一緒されて、ある程度のプランを煮詰めたご提案をいただきました。
物件には一目ぼれ、しかし手元に資金が少なく借入ができないと購入できないと伝えたら、「ローンを組むためには、建築業者さんと協力して総額から考えていかないと難しい」といわれたのが今でも記憶に残っています。

 

そして決めようと喫茶店で商談をしていた時に、偶然にも他のお客さんとバッティングしそうになりました。「本当に欲しいと思うなら、ローン審査結果次第ですが、先に購入申込を下さい」、「迷っていたら間違いなく、ほかのお客様が手を上げると思います」・・・そんな話をされたので、「ローンが通るならぜひお話を進めたい」と返事した5分後に、そのお客様から「買いたい!」というお話があり、社長は応対のため1時間近く中座。あとで「相手には2番手扱いでお話をしました」といっていただきました。

 

あの時決断しなかったら…そう思うと、不動産は2つと同じものがないので、決断してよかったです。

ご紹介いただいた工務店さんは、リアルアイさんの看板を請け負った一宮の業者さん、展示場の店長をご紹介いただき、思い通りのプランを提案していただいたので、こちらも即決!一生懸命働いてローンを返します。

子供を転校させたくない!同じ小学校区内で探していました!(KS様)

マンション購入前は一宮市内の賃貸マンションに住んでいました。不動産とダイビングをされている伊藤さんはパワフルで、いつもFacebookで拝見しており、昨年夏に夫婦でダイビングのライセンス講習を受けさせていただきました。その際に、『そろそろ新居を購入されてはいかがですか?』『建売住宅なら最近安いですよ!』と伊藤さんはお話をされていました。

 

主人は、「田舎育ちなので、夢は広い敷地の平家住宅を建ててのんびりしたいです」と、当初はあまり購入に乗り気じゃなかったのですが、住んでいる賃貸マンションの管理が悪く、よくよく考えると今の家賃と中古マンションを購入しても月々の返済額は変わらないということに気づき、偶然住んでいたマンションの隣が売りに出ていたので相談をしたら『見に行きましょう!』ということになりました。

 

ところが、そのマンションは既に、既に売約済みでとても残念な思いをしました。

そこで「子供の学校が変わらないこと」を条件にリフォーム前のお部屋、リフォームしてあるお部屋、古いけれどリフォーム予定のお部屋など、いくつかの物件を見せてもらいました。

 

今回購入したお部屋の決め手は部屋数、広いリビングと大きなお風呂、素敵なキッチン! 考えているうちに隣のマンションが売れてしまったこともあったので、即断し、取引先信用金庫の支店長さんや取引先回り営業の方のアドバイスもいただきながらお話を進めました。

振り返ると、この商談を進めているときは、一年中で最も仕事が忙しい時期だったのですが、売主様との交渉、住宅ローンや火災保険、リフォームのことなど、全てをおまかせした結果、大きな障害もなく、引越ができました。

「まかせてよかった!」元大手でトップセールスだっただけあると思いました。

月極駐車場よりもコインパーキング、難題も上手に解消いただきました(NI様)

親が所有していた土地を一部自用、一部を近隣の店舗に月極でお貸していたところ、近隣の総合病院に出向くお見舞客の無断駐車が絶えませんでした。

また管理上の問題もあり、有効に活用できないか?とリアルアイへ相談を持ち掛けたところ、時間貸し駐車場の提案をいただきました。

周辺の時間貸し駐車場相場も把握をされており、複数の事業者との交渉、そしてプランニングに至るまで、元大手不動産会社にいた経験を活かされたのだと思います。

結果、月極駐車場としてお貸ししていた賃料よりも多く毎月入金されることになりました。

また、所有する不動産の借地問題についても全面的にコンサルティングを依頼しております。

質の悪い賃借人と揉めてしまったことが要因で、相手方が弁護士を立て、理不尽な交渉を持ちかけられたこともありましたが、交渉に同席され、屈することなく、毅然として対応された姿勢は流石だったです。よく聞けば、過去に何件も立退き交渉を行っているとか。難しい不動産の案件も、リアルアイなら解決してくれると思います。

相続コンサルティング&高齢者の母の住む家のリフォーム(CS様)

父親が他界し、母一人の実家。父親が会社を営んでいた時期もあったので、不動産登記も一部不合理なところが多く、相続の手続きについてリアルアイに相談をしたのが最初のきっかけです。土地は昔、父が越境問題を解消するべく、一部を分筆し交換をしたらしく、実際に測ってみると面積が登記簿よりも多いことが判明。また、お隣の境界も不明瞭なところが多かったので、この際きちんとしましょうという提案で、合筆・確定測量・地積更正をお願いしました。ご紹介いただいた土地家屋調査士さんは、社長さんが大変好意にしている先生で、手続きも早くスムーズに進みました。
後日、浴室のリフォームを依頼しました。本音、古い家にお金をかけるのは?とも思い、簡易的に修理をすればよいかとも思いましたが、「健康なお母さんが気持ちよく過ごしていただけますよ!」の一言で、ユニットバス&給湯器を含む浴室廻りを全てリフォーム。この浴室リフォームのおかげで、兄弟姉妹、甥姪が母のところに集まるようになりました。本当なら、兄弟姉妹誰かが同居するべきかもしれませんが、お互いの生活もあるので、毎日交代で母の面倒を見るようになりました。

病気をして入院するくらいなら気持ちよく住んでほしい…そういった気配りは、相続を争続にしない提案をされる姿の現れかもしれません。

前回の取引が良縁だったので、また頼む!(加藤様)

土地家屋調査士と上手にやってくれたので、もう一回頼む!遊んでいる土地なので、なるべく好条件で売ってほしいとお願いをしました。

過去に取引した物件は、若夫婦がそれぞれ立派な家を建てて住んでいるけれど、今回も同じようにやってもらえたらなあ。

創業後、お手伝いさせていただいた加藤様、再度ご縁を頂戴し、売却の依頼をいただきました。

※「不動産のことはよくわからんので全部頼む」といってお任せいただきました。

不動産のお引き渡しで…(加藤様・釜倉様)

「写真を撮らせてください!」

「ホームページにアップロードしてもいいですか?」とお尋ねしたら、双方が快くOKいただいたので、遠慮なく掲載させていただきます。

もともと取引時において、お互いの顔を見るのはご契約時か残金時、今回のケースは特殊でした。

売主様に購入申込を報告したところ、「以前にご縁があったかも…」と、買主様にお伝えしたら「やはりご縁があった…」と。

元々取引対象の物件は、あるハウスメーカーさんが「間取りプランOKでたら、建築と同時契約で…」という約束で商談に入っていたところ、他社からのオファーがありました。

「現在他で商談が進んでいる関係もあるので、売主様に状況を報告したうえで…」とお断りを入れたうえで、「縁があるなら…」とご返事をいただき、お申し込みをいただきました。その後、条件成就となり、契約~決済までがあっという間に過ぎました。

 

お客様からの声

加藤様…「リアルアイとは縁がある!今まで全部うまくいってるな!」「また何かあればぜひ頼む!」

釜倉様…「買えないと思っていた土地が、縁で買うことができた!」

不動産は「縁」です。「縁」を大切にして取引ができた事案でした。ありがとうございます。

 

 

春に就職するので、駐車場が確保できないと通勤できない…(YY様)

「今確保しておかないと、駐車場がなくなる…」

「最悪職場の駐車場が確保できたら、解約してもいいですか?」

そんなお問い合わせが、年明けから増える中、ご来社いただいたのは大学を今年卒業されるフレッシャーズ!

「国家試験に合格しないと…」とまだまだ大変な時期にご来社、ご契約をいただきました。

ありがとうございました。

※月極駐車場の借受希望のお客様のお話でした。

複雑な権利関係の整理を依頼したい!…(KI様)

「昔、子供のころに祖母に変わって地代の集金に行った場所」だけれど、一筋縄ではいかない。

歳もとったので交渉事は苦手だし、この際全部まかせます!

 

写真で見る限りは、きれいになった更地ですが、ちょっと訳アリでした。

その訳アリとは??

 

30年前に先代が一部売却をした際の測量図が残っていますが、区画整理後の公図と現況が一部異なるような場所。

なぜこのような区割りをしたのだろう?と疑問ばかり…。

地元一宮市内でも手が付けられない?

昔あった長屋の借家の水道管が何本も埋設されていて、それを知らずに使用していた元賃借人。

建物解体を施した際に、地中埋設物がトラックいっぱい出てくる始末。

 

「素人が何も知らずに終わらせていたら大変だった」と地主様

 

今回の依頼は、不動産管理、そして有効活用。

一部残る貸地もあるなか、「先代はなぜ?」というような諸問題を抱えていますが、必ず整理してみますとお約束させていただきました。

相続する前に売ったほうがいい!名古屋市天白区の山林(内藤様)

父が所有していた名古屋市天白区の山林、傾斜地で見た目も悪く、長年所有するも負の財産。

相続したときに困るので、売却をお願いすることにしました。

価格を安く設定したので、お問い合わせは多かったそうです。その中で、不動産業者が買取をしてもよいというご返事をいただきましたが、伊藤さんからもう少し待って、売れないようなら考えましょうとアドバイスされ、少し待つことにしました。

 

その後、1件購入の申し込みをいただいたものの、建築資金が想定外に必要だとの理由でキャンセル。現状ではなかなか厳しいのかなあと思っていたところ、建築士さんとよく相談をされた若い方に買っていただくことになりました。
聞けば、物件をご紹介するときにリスクをきっちり説明し、それでも見たい、欲しいというお客様のみに資料を提供されていたそうです。以前には、勝手に敷地の中に入られて、近隣からクレームが出ることもあったので、むやみに紹介をすることは避けてくださいとお願いしていたことからだと思います。

 

最近ではインターネットによる問い合わせが大半を占める中、気軽に資料がもらえると思う方も多いそうですが、大半は冷やかし、そして興味本位、さらには他の不動産業者が顧客を装って聞いてくることもざらだったそうです。こうした中、しっかりとしたフォローをしてくださった伊藤さんには大変感謝をしています。元大手出身の経験ある方ですから安心して任せることができました。

破産管財物件、建物内部は夜逃げ状態だったのですが…(T弁護士)

受託した破産管財物件は、建物内部が荒れた状態…このままでは高値売却は無理だろうと思っていました。

しかし、債権者との合意ができなければ、任意売却に応じていただくことはなかなか難しい状況でした。

株式会社リアルアイの伊藤社長は、自らが率先して建物内部のゴミ出しからスタートし、内見希望のお客様が現地を見る前に綺麗にかたずけをしてご案内をされたと聞いています。

結果、地域のごみ収集日に合わせて「可燃物」「不燃物」そしてリサイクル家電などの処分を手配していただき、無事契約に結び付けることができました。

現地と会社が遠くても、このようにフットワークよく対応いただける姿勢は大変ありがたく感じております。