不動産を売却する手順について

ご所有する大切な不動産を売却するときには、業者選びは一番の課題、その業者選びをどうするか?気づいた点をお知らせいたします。

 

どこの不動産会社に頼む?

一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却なら

一宮を元気にする不動産会社 株式会社リアルアイへご相談下さい

地域に精通する確かな力!

一宮市在住、大手不動産会社出身の代表者が直接ご相談を承ります

大手に負けないフットワーク!

小回りの利く営業スタイルで、細かいご相談でも承ります

業者選びは何で判断する?

やっぱり成約したお客様の声が一番ではないでしょうか?

株式会社リアルアイで取引いただいたお客様の顧客満足度は、当ホームページ【お客様の声】や外部サイトなどでご覧になっていただけます。

 

まずは不動産売却査定!

一体いくらで売れるだろう?

不動産所有者の誰もが一番気になる部分だと思います。

株式会社リアルアイでは、不動産の売却をする際の査定を一番重要視しております。

不動産一括売却査定サイトへ依頼する前に…

不動産一括売却査定サイトをご利用される前に、リアルアイへご相談ください。

不動産一括売却査定サイトのしくみ

検索エンジンで「不動産売却」と検索すると、上位にくるのは【不動産一括売却査定サイト】の各社、

【不動産一括売却査定サイト】(情報サイト運営業者)はWEB広告代理店であり、不動産業者ではありません。

不動産業者には「守秘義務」があり、売却相談時点において、お客様の個人情報や財産情報をむやみに第三者に開示したりすることはありません。

しかし、情報サイト運営業者は、「個人情報に関する規定」の中に、「第三者への情報開示をする」とはっきり記載をしており、同意ボタンを押すと、情報が開示されることになっています。

同意ボタン一つで、業者は第三者への情報開示をすることで、従量課金制と呼ばれる広告費を不動産会社に請求し、利益を得ています。

不動産売却一括査定サイトを利用するくらいなら、ご自身で複数の不動産業者を選択し、直接売却査定を依頼されてはいかがでしょうか?

そしてその中で一番売主様の立場を考え売却提案する業者におまかせしませんか?

価格だけを重視するなら、査定価格が一番高かった不動産業者の価格に合わせて、複数の業者に不動産売却をまかせたほうが良いと思いませんか?

リアルアイは基本、机上だけの不動産一括売却査定サイトを利用した売り物件募集の広告媒体は使用していません。

不動産一括売却査定サイトに支払う情報提供料を使う代わりに、買主を募るための広告宣伝経費として使用しております。

不動産一括売却査定サイトへ机上査定依頼すると…

興味本位の売却査定は、あまり好ましくない…

売却査定の依頼は、所有者本人からが基本…

株式会社リアルアイは、基本、依頼主と会えない不動産売却査定は行っておりません。

理由は、依頼主=不動産の所有者でない方からの相談もあるからです。

本人確認のため、聞き取り調査は勿論のこと、依頼される本人様との面談を基本としています。

無料査定だから気軽に?

不動産売却一括査定サイトは「無料が基本」、時には「商品券プレゼント」と称して、依頼を募ろうとしているものもあります。

本当に売却を検討される方が利用されるのは自由ですが、興味本位で依頼をしますと、ご自身の個人情報の情報漏洩につながります。

正確な査定価格は期待できない

査定価格は根拠に基づくものを提案するものであり、過去の成約事例や現在の売り出し物件の状況など、市場を分析した結果に物件の程度などを比較対象として判断するものです。不動産売却一括査定サイトに情報提供料を支払って情報を得る不動産業者は、そのお客様から売却依頼が得られるか?否か?でその情報提供料に見合う収入が得られるか?を判断しています。情報は集まっても、不動産を売りたいお客様から依頼が頂けなければ、不動産売却一括査定サイト運営業者に情報提供料を支払っておしまいとなってしまいます。「情報提供料」は決して安くありません。そのため、他社競合が増えれば、本来の売却査定の目的を逸脱した「無責任な高値売却査定」提案をする業者が出てきます。

悪戯で本人に成りすまして利用されるケースもある

売却する予定のない方が、不動産売却一括査定サイトを利用される場合、「一体いくらで売れるのか?」と気になることもあると思います。

しかし、悪戯半分にサイトを利用されますと、情報提供料を課金されるだけでおしまいという状況も生じます。

依頼主の正確性が低い内容も多いです。

不動産売却一括査定サイトを利用するくらいなら、ご自身で複数の不動産業者を選択し、直接売却査定を依頼されてはいかがでしょうか?

そしてその中で一番高かった不動産業者の価格に合わせて、複数の業者に不動産売却をまかせたほうが良いと思いませんか?

弊社は基本、一括査定サイトを利用した売り物件募集の広告媒体は使用していません。

一括査定サイトに支払う情報提供料を使う代わりに、買主を募るための広告宣伝経費として使用しております。

大手不動産会社限定サイトなら安心?地域限定5社なら安心?

不動産一括売却査定サイトには、「大手不動産会社だけ」とか、「地域の限定5社」とか、お客様側から選べるような仕組みになっているところもあります。

その基準は誰が作ったのでしょうか?本当に安心なのでしょうか?

大手を選んでサイトを作った運営者の思惑だけです。安心な取引ができるとは保証されていません。

 

株式会社リアルアイの代表者は、元大手不動産会社出身ですが、創業前から顧客第一主義営業を心がけておりました。

確かに大手は莫大な広告費を使用して、TVCMや各種媒体を駆使し、イメージを売っていると思いますが、時間のかかる複雑な相談は敬遠がちです。一方中小業者は、余分な経費をかけずに中身の濃い仕事を提供しています。

無責任な査定はしません!リアルアイは仲介査定・買取査定同時に出します!

リアルアイでは、不動産の売却査定時において「仲介」で売れる価格想定、「買取」で弊社が責任をもってお支払いできる価格を明言しています。

仲介で売れる価格査定

売却受託後、成約までの期間を鑑み、幅が出てくるのが仲介による売却の場合の査定価格です。正確には「査定価格」に対し、「売出価格提案」を別途設定します。

買取価格査定

リアルアイが取得させていただくための価格提示です。取得後は、分筆や解体、内装リフォームなどを施し、再販売をしたり、収益物件として保有し、資産運用することになります。買取の利点は「仲介手数料不要」「現状有姿売買相談可」「引渡し後のトラブルがない」「結論が早い」買取の欠点は「業者利益を考慮するため、安価になることも」

 

リアルアイが不動産売却査定時に【仲介】【買取】双方の価格提案を行う理由です。

「無責任な売却査定」「売れる不動産」「売れなくする」要因以外の何物でもありません。

最低いくらで売れる?ということをつかんで、売り出すのと、夢のような現実離れした価格で売り出すのでは、全く成約のスピードも異なるからです。

他社で売却依頼中の物件が、リアルアイに後から相談があるのは、「本音で語る提案」をしているからだと思います。

大手不動産会社は基本買取をしない

大手不動産会社は基本、自社で不動産買取をいたしません。無責任な話です。

仲介ならば成功報酬なので、買取を専門に行う不動産業者へ情報提供をし、仲介手数料を請求します。

仲介による不動産買取を示唆されるケースは、「規模が大きく一般向けしない広大な宅地」なら仕方ないと思いますが、中古住宅の大半が業者買取後リフォームを施し、再販売されている比率が高くなっているのは、好条件で取引のできない仲介業者の常套手段なのかもしれません。

賃貸住宅などのサブリースは要注意!

「土地活用しませんか?」と称して、アパートやマンションを建築させて、一括借上げなどをするスキームは結構なことですが、大手だから安心?

大手ハウスメーカー系不動産会社社員が、親会社の大手ハウスメーカー社員やその一族などに不動産所有者の情報提供を行い、買取を示唆する事案も多く報道されています。

大手、中小にかかわらず、その管理体制が誠実なものかの判断も必要なのかもしれません。

リアルアイは不動産売却の仲介専門!もちろん買取もします!

【売却価格】≦【売出価格】>【査定価格】

この図式が成り立つのは、査定価格が市場価格に基づき算出されているか否かによります。

いつまでに売るのか?

いくらで売るのか?これを判断するのは、売主様です。

査定価格2000万円

誰もが高い不動産売却査定を行った会社に依頼をしたくなります。高く売れる期待をして売り出しました。

⇒3か月たっても売れません。

※大手不動産会社に多い傾向です

査定価格1850万円

価格は3社のうちの中間でした。この会社は査定価格=売出価格でスタートしました。

⇒1か月後に1700万円に価格変更

⇒3か月後に1600万円で成約

査定価格1600万円

査定額は一番低いけれど、売出価格は1680万円でと提案されました。

⇒売り出しから1週間後に1600万円で申込みがある

⇒一番早く成約となりました。

どれが一番得策だったのか?は言うまでもありません。

 

株式会社リアルアイでは、個々の案件に合わせたご提案を差し上げております。

これは、長年の経験に基づくもので、自信を持って取引に挑んでいるからです。

仲介で売る!売却の依頼の種類は3種類!

1社にまかせるか?複数業者にまかせるか?

売りを1社にまかせれれば、その業者は成約すれば「売主様」から確実に手数料をいただけます。

複数業者に依頼すると、業者間での競争があり、成約した業者のみ手数料が得られることになります。

「売主様がお支払いする手数料」は、どちらも規定で上限が決められていますので、違いはありません。

① 専属専任媒介契約

  • 業者は1社のみに依頼(他社へは依頼できない)
  • 自己発見取引の場合も、業者に手数料を支払う

【受託した業者の義務】

  • 指定流通機構への登録(媒介契約締結後、営業日5日以内)
  • 1週間に1度の業務経過報告義務

媒介業務経過報告をしなければならないため、様々な営業活動が期待できる反面、自己発見取引の場合でも手数料が必要となる。

大手不動産会社が受託する際に結ぶ傾向が多い。

【依頼した顧客のデメリット】

  • 成約時は必ず手数料を支払わなければならないため、一部業者は囲い込みをして両手取引を目指す傾向が絶えない

② 専任媒介契約

  • 業者は1社のみに依頼(他社へは依頼できない)
  • 自己発見取引の場合は、業者に手数料を支払わなくてもよい

【受託した業者の義務】

  • 指定流通機構への登録(媒介契約締結後、営業日7日以内)
  • 2週間に1度の業務経過報告義務

媒介業務経過報告をしなければならないため、様々な営業活動が期待できる。

③ 一般媒介契約

  • 複数の業者に依頼可能(成約した業者にのみ手数料を支払う)
  • 自己発見取引の場合は、業者に手数料を支払わなくてもよい

【依頼者のメリット】

  • 複数業者のそれぞれの個性が現れるため、様々な営業活動が期待できる。

【依頼者のデメリット】

  • 指定流通機構への登録義務はない(明示型と非明示型が選べる)
  • 業務経過報告義務もないため、依頼業者数が多すぎると相手にされなくなることもある。
  • 依頼者自身が、依頼した複数の業者への連絡をすべて行わなければならない。

株式会社リアルアイの場合、専任媒介契約比率が圧倒的に高く、一般媒介契約締結後も後日売主様からの申出で専任媒介契約に変更となる場合が多いです。

そして、弊社の専任媒介契約での成約率は、一般媒介契約での成約率よりも高いのは言うまでもありません。

営業エリアは、名古屋通勤圏!

株式会社リアルアイは愛知県一宮市に本社はありますが、取扱は東海三県(愛知・岐阜・三重)

そして、名古屋通勤圏であれば何処でも査定します。どこでも売却の依頼を歓迎します。

名古屋市
(中区・中村区・中川区・熱田区・港区・南区・瑞穂区・昭和区・天白区・西区・北区・東区・千種区・名東区・守山区・緑区)

一宮市稲沢市岩倉市江南市犬山市小牧市春日井市、瀬戸市、尾張旭市、日進市長久手市、東郷町、刈谷市、安城市、岡崎市、豊田市、豊明市、東海市、知多市、常滑市、半田市、武豊町、弥富市、愛西市、あま市、津島市、北名古屋市、清須市、蒲郡市、豊橋市豊川市岐阜市、大垣市、各務原市可児市多治見市、御嵩町、土岐市、瑞浪市、瑞穂市、恵那市、中津川市、桑名市、四日市市、鈴鹿市、いなべ市、東員町、津市、熊野市

その他東海三県以外の取扱も可能です。太字の地域は過去に代表取締役がサラリーマン時代に最も力を入れて営業した地域です。

地元業者に負けない提案力が自慢!

「地元不動産業者に負けない提案力」=「売るための提案」

株式会社リアルアイが不動産の売却になぜ強いか?の理由にもなります。

「どうすれば?」がキーワードです。やはり売り物件は「商品」、「商品」である「土地」「建物」をどのように購入検討される方へ情報提供するか?だと思います。

購入検討される方は、色々な情報入手手段を用いています。その多くはWEBサイトだと思います。そして実際に現地に足を運ぶことからスタートだと思います。

情報を提供しなければ…売れるものも売れません。

「看板を設置する」だけでは売れません。

実際にあった話です。

リアルアイが受託後、早期成約に至った「多治見市笠原町」の土地、もともとは地元不動産業者が長年「売物件」の看板をつけていた物件です。

「売物件」の看板だけをつけていても、購入を検討されるお客様の目に触れていなかったからだと思います。

リアルアイが売却依頼を受託後、すぐに行ったのはWEBによる物件情報の開示です。

そして、その情報がどの程度アクセスがあったのか?お問い合わせがあったのか?随時、売主様へ報告をさせていただきました。

結果、売却開始から3カ月かからない間に成約となりました。

そして、その隣接する土地所有者からも同様に売却の依頼を頂戴しました。もちろん、その物件も成約となりました。

多治見市笠原町
多治見市笠原町土地

大手や古い業者ほど、情報を隠して営業する傾向は後を絶えません。

何故なら、両手取引(売主・買主双方を一社が取引する)ことを狙うからです。

これらは社会問題にもなっており、週刊誌などでも記事となったことがあります。

お客様にお聞きすると「報告は一切なかった!」ときっぱり言われました。それでは、「売れる不動産」も売れません。

定期的な空き地・空き家への巡回、管理が成約のキーワード

リアルアイが土地(空き地)や中古住宅(空き家)の売却受託した際に、必ず気を付けていることがあります。案内時のイメージアップです。

・外観上、清潔に保たれているか?

・内部のお掃除が行き届いているか?

これらは、少し汗を流せばできることですが、多くの不動産業者は他人まかせです。

「余分な労力は使わない」現代の若手に多い傾向かもしれません。

リアルアイは、空き地や空き家の売却受託時に建物内外の写真撮影をする前に、お掃除をしたり、除草作業をしたり、不用品の処分を行ってイメージアップを図っています。

「月極駐車場」等、管理をしていると称して、管理受託手数料を得ている不動産業者とは異なり、地道な定期的作業が成約という良縁を結んでいます。

空き家の庭の草刈り

本巣市文殊 戸建

お引渡し前に気持ちよく使っていただきたいという想いから、背の高さ位に生えていた雑草を草刈り機を用いて作業し、きれいに整えました。お引き渡しした売主様も、買主様からも感謝のお言葉を頂戴しました。

フローリングワックス掛け

床のワックスがけ

グランレイム向山(2021年1月成約)

年末退去された際に、売主様の了解を得て無償で床のワックス掛けを実施しました。室内にあった不用品の処分についても依頼を頂戴し、手配させていただきました。

破産管財人弁護士からの依頼

岡崎市

破産管財物件の大半が夜逃げ状態で足の踏み場もないくらいです。これらを内部案内前にできる限り、きれいに整理のうえ、不用品を処分しました。

解体作業時の地中埋設物確認

一宮市内

リアルアイでは、建物の解体・整地のご相談も承っております。解体作業時において、業者任せにすることなく、可能な限り現地へ出向き、地中埋設物等の残置物がないかの確認も行っています。

印象アップは早期成約のキーワード

この気持ちをもって営業しています。

だから、時折スーツを着ず、Tシャツやジャージ姿でご案内差し上げることもあるかもしれません。

夏場になれば、どこかの空き地の草刈りに出かけているかもしれません。

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial
Instagram