空き家の売却

空き家調査の実態

愛知県一宮市の住宅統計調査(総務省統計)で明らかになったのですが、一宮市の場合、空き家は確実に増えています。

なぜそんなに増えるのでしょうか?

 

住宅総数の伸びとともに増える空き家率

株式会社リアルアイの本社がある愛知県一宮市泉2丁目、

この地域に関していえば、昔旅館だったり、料亭だった場所が軒並み廃業し、建物を取り壊しています。

取り壊し後の跡地は、時間貸駐車場になったり、建売分譲住宅地になったりしています。

古くなった家は、軒並み取り壊されており、今後も進むのではないか?と思います。

 

この住宅件数を伸ばしているのが、意外にも一般戸建ではなく、賃貸アパートや賃貸マンションなどです。

相続対策と称して、土地を担保に金融機関が融資し、建物を建てさせることで有効だという人もいるくらいですから。

しかし、古くなったアパートやマンションは入居率が下がってしまい、収支を圧迫することもザラです。

このアパートやマンションの入居率低下を生み出しているのは、建設業者だといっても過言ではありません。

 

お金を生まない不動産は売却する!

「空き家」を放置しておくメリットは、固定資産税・都市計画税が住宅建付地である場合、更地に対して減免される点でした。

その結果、古くなった「空き家」が朽ちても、固定資産税・都市計画税の減免があれば、土地所有者は腹が痛みません。

でも、これらが土地再開発の妨げになっていると判断されて、国は重い腰を上げたといわれており、

「空き家等対策の推進に関する特別措置法」を制定、施行がされたわけです。

固定資産税・都市計画税の減免がなければ、むしろ負の財産となりかねません。

ならば、換価してしまうことで、余分な負担をなくすこともできるわけです。

 

実は社長の伊藤も、生前贈与で取得した先祖代々の土地を売却しようとしています。

何故なら所有するだけで負担が生ずる固定資産税・都市計画税、

古家を取り壊したため減免がなくなり増額となるからです。

売却・現金化することで、そのお金は納税資金として充当することもできます。

しかし、放置してしまったら?

 

本当に負の財産となりかねません。

空き家は美観を損ねるケースも

早く取り壊しをしましょう!そうすることで、次の有効活用が思い浮かぶかもしれません。

一宮を元気にする不動産会社 株式会社リアルアイでは、解体業者の斡旋も行っております。

空き家になったら早めに管理を依頼するか?思い切って売却という選択が一番なのかもしれません。

そんなときは、是非売却に強い株式会社リアルアイへご相談を賜りますようお願いいたします。