安心R住宅

まんがでわかる安心R住宅

国土交通省ホームページより抜粋

既存住宅の流通促進に向けて、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できる環境の整備を図るため、国土交通省の告示による「安心R住宅」制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)を創設しました(告示公布平成29年11月6日・施行平成29年12月1日)。 

「安心R住宅」の創設
クリックすると、国土交通省HPへリンクします。

「古い」

「汚い」

「瑕疵担保責任は?(不具合が生じたら??)」

「選ぶための情報が少ない、わからない」

 

こんなイメージが先行していたと思います。

「住みたい」「買いたい」既存住宅

 

耐震性・物件調査(インスペクション)・現況の写真・リフォーム履歴や情報など、選ぶときに十分な情報が提供されることで納得して購入できる、中古(既存住宅)だけれど丁寧に使用されている、中古ならではの長所、安心して購入できる要因を兼ねそろえた物件

国もマンガで説明するHPを創設し、わかりやすく解説しています。

新築住宅の供給過多により、中古市場が圧迫される中、エコの観点から既存住宅(中古住宅)のリノベーションを活性化させ、不動産流通市場を活性化させようという動きが進んでいます。

建物解体業者は大忙しだそうですが…

大手パワービルダーの分譲物件が次から次へと販売される中、中古住宅市場が圧迫されているのも事実です。

同じ価格を支払うと新築が買えるとなれば、誰でも新築に目が行きます。

一方、昔ながらの大工さんが建築した家は、古くなったとしても、メンテナンスをきちんと行っていれば、それなりの評価がつきます。

問題はライフスタイルの変化だと思います。

 

例えば間取り・・・

近年の建売分譲住宅において、和室の広さが既存住宅に比べ狭かったり、場合によっては和室なしという家も・・・

本当は、和室を作る職人さんの腕も、継承されていない気がして仕方がないです。

日本の家屋、本物の家…

そんな家がもし売却査定が来たら…株式会社リアルアイは評価します。「ひょっとしたら高く売れるかも?」と・・・