fbpx

           

えらばれる5つの理由

【相続案件】一宮市内で不動産売却コンサルティング契約を受託

相続の問題って、一筋縄ではいきません。

共有者間の調整をはじめ、借地や借家があるケースなど様々な諸問題が…

こんなとき、株式会社リアルアイは提案します。

 

売却コンサルティング契約

この内容はいたって簡単ではありません。

「より好条件で売却するために…」「より良い近隣関係で売却するために」

ご提案することはいっぱいあります。

 

1.問題の解決の優先順位

何が一番売却に障害をもたらすのか?これを解決しないことには先に進みません。

 

2.その物件はすぐ売れる物件か?

せっかく売却依頼を受託しても、売りやすい物件と売りにくい物件があるのは隠せません。

その中でも売りやすい物件はより好条件で、売りにくい物件は、売りやすくするための提案をさせていただきます。

 

3.借地借家法問題を得意としています。

代表取締役の伊藤彰浩は、身内の借地借家問題を若い頃から解決してまいりました。

その経験を活かした、不動産の「空き家」「空き地」問題は、社会上の問題にもなっており、各市区町村は空き家対策として、解体費の助成や補助を行っています。

その中で足かせとなっているのが、借地・借家問題。

古くから借りている人の権利を阻害することはできませんが、建物の維持管理を考えると?

 

そんな相談もいっぱいです。

 

場所の特定はできませんが、もし具体的なお話を聞きたいという方は、事前にアポイントのうえご来社いただけましたら幸いです。